MENU

【産科勤務の看護師がオススメ】つわりの種類別の食べ物・飲み物

つわりってこんなに辛いの?

お腹の中に赤ちゃんの心拍が確認できてうれしい反面

これがつわりなのか…とつらい思いをされている方も多いと思います。

つわりが始まると、

  • 夜もなかなか眠れない
  • 仕事をするのもつらいが、まだ職場に伝えていないし急にお休みをもらうのは申し訳ない
  • 今まで気にならなかった旦那のにおいが受け付けない
  • 匂いをかいだり見るだけでも気持ちが悪くなって、食事や洗濯ができない

などとたくさんの支障が出ると思います。

でも、これはあなたが悪いわけではないですし、赤ちゃんが悪いわけでもありません。

もちろん、旦那さんが悪いわけでもないですが、

自分はこんなに辛いのにのんきにしている旦那さんにイライラしてしまうのも仕方がないです。

そのように言われる妊婦さんも実際多いです…。(笑)

本記事では、まず食事についての不安を解決していきます。

最後まで読んでいただけると、

  • つわりの種類
  • 自分がどの種類のつわりなのか
  • 自分に合うオススメの食べ物や飲み物

を知ることができます。

でも、つわりは必ず終わりがあります!

じゃあ、つらいつわりの時期はどうやって乗り越えたらいいの?

結論からいうと、つわりの時期は食べられるものがあれば何をどれだけ食べても構いません。

とは言っても、気持ちが悪い時はなにが食べれるのか想像もつかない状態ですよね。

そこで、私がこれまで関わってきた妊婦さんから伺ったオススメの食べ物・飲み物を紹介していきます。

目次

つわりの種類

まず、つわりには3種類あります。

自分がどの症状に当てはまるのかを考えながら読んでみてください。

吐きつわり

  • 常に胃がムカムカしていて気持ちが悪い
  • ずっと吐き気があるので食欲が起こらない
  • 水分をとるだけでも気持ちが悪くて吐いてしまう
  • 食べられなくて体重がかなり減ってしまった

においつわり

  • 食べ物のにおいをかぐと吐き気がする
  • 洗濯物やシャンプーのにおいで気持ちが悪くなる
  • 歯磨き粉のにおいで気持ちが悪くなり歯磨きができない

食べつわり

  • お腹がすいていると吐き気が起こる
  • 常になにかを食べたり飲んだりしていないと気持ちが悪くなってしまう

どうでしょうか?自分はどの種類に当てはまるかわかりましたか?

つわりと言ってもなにが原因で吐き気を感じるのかが異なるので自分がどのタイプなのかを知ることが大切です。

しかし、人によっては

吐きつわりもにおいつわりも当てはまるなあ

その日によって症状が違うから全部当てはまるかも…

という方もいらっしゃると思います。それも正解です。

つわりはいまだにはっきりと原因が分かっておらず、人によって本当に症状は様々。

今、自分がどの症状なのかを考えて対策をとるようにしましょう。

オススメの食べやすいもの

吐きつわりの方にオススメ 

  • おかゆやうどん、そうめん(麺は短く切っておくとなお良し!)
  • 柑橘系のフルーツ
  • ゼリー
  • アイス、シャーベット

つわりの時期は胃の働きが弱くなっている状態です。

できるだけ胃に優しい消化にいいものを意識してみてください。

もし吐いてしまったとしても、柑橘系のフルーツであれば、

後味がさっぱりするので少し楽になります。

それでも、食べることが難しい方は水分だけでも意識してとりましょう。

脱水になると、頭痛やふらつきなどといった症状も起こります。

水を飲むことが難しければ氷をなめるだけでもいいので試してみてください。

においつわりの方にオススメ

  • 冷たいうどんやそうめん(麺を短く切っておくとなお良し!)
  • 冷たいおかゆ
  • ゼリー
  • カットフルーツ

あたたかいものより冷たいものを選びましょう!

食べ物は温かいものほど匂いがするものです。

口にした時、においをあまり感じないよう味付けも薄めがオススメです。

また、麺類は短く切っておくと、いざ吐いてしまった時出やすいので試してみてください。

食べつわりの方にオススメ

  • 小さなおにぎり(持ち歩いていつでも食べられる)
  • 野菜スティック
  • こんにゃくゼリー
  • 低糖質のガムやグミ
  • 小魚ミックス
  • カリカリ梅、するめ、酢昆布

1食分の量を減らし、1日5~6食など分割食にしてみましょう。

あまり食べすぎると、体重が激増し後々の体重管理で苦しくなるので

口にするとしても可能であればローカロリーのものを選びましょう。

オススメの飲みやすいもの

吐きつわり・食べつわりの方にオススメ

  • 柑橘系のジュース(オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど)
  • スムージー(野菜やフルーツが入っているもの)
  • 白湯

ジュースやスムージーは、

野菜やフルーツからビタミンやミネラル、食物繊維などを摂取することができます。

また、水は飲めないけど、白湯なら飲めると言っていた妊婦さんがいらっしゃいました!

飲めそうであれば、試してみてくださいね。

においつわりの方にオススメ

  • 無香料の炭酸水

においつわりの方はとにかく香料のないものを選びましょう。

水のにおいもダメという方もいらっしゃいますが、

ただの水よりも炭酸水の方がシュワシュワとしたさっぱり感でごまかせて

飲みやすいという声が多いので試してみてください。

なにを食べても赤ちゃんに影響はない?

結論から言うと、影響はありません!

赤ちゃんがママから栄養をもらうようになるのは

胎盤が完成する妊娠5ヶ月(妊娠16週)くらいからです。

つわりの時、無性に○○が食べたくなってそればかり食べていた!

などと聞いたことはありませんか?

人によって○○は異なるのですが、私の母はフライドポテトとりんごと言っていました(笑)

昨日お会いした妊婦さんはカレーライスとシチュー、ハヤシライスをループして食べていたと言っていました(笑)

前述でオススメを書いてきましたが、

結論、つわり時期は(一部を除いて)食べれるものがあればなんでも食べて構いません。

とは言っても、ママの体が資本なので食べれそうなときは

量よりも質を意識して栄養バランスの良いものを食べてみてください。

妊娠中って体重管理が大切って聞いたけど…

もちろん、妊娠中はやせすぎも太りすぎもよくありません。

ただつわりの時期はそれほど、いえむしろ気にしなくても大丈夫です!

前述にもありましたが、妊娠16週ごろにつわりは落ち着きます。

そこから本格的に食事の内容や体重管理をしていけば十分です。

ただでさえ、つわりでしんどいのに体重なんて気にしてられないですよね。

しかし、体重の減りすぎは場合によっては

‘妊娠悪阻(おそ)’といって入院が必要になることもあります。

  • 水分さえ500mlも飲めない
  • 非妊時から体重が5㎏も減ってしまった
  • 仕事はお休みをもらったけど、食べたり飲んだりできずに日常生活に支障がでている

などは、一人で悩んだり頑張らずに健診を受けている病院に相談してくださいね。

また、入院するまではいかなくても

あまりにも辛い時は、診断書をもらって仕事を少しお休みすることも大切です。

つわりには必ず終わりがあります!

つわりの原因は実はまだはっきりとわかっていません。

代表的な説はヒト絨毛膜ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが関わっているというもの。

つわりは妊娠5~6週から始まり、ピークは10~12週で、

胎盤が完成する16週ごろには治まることが多いと言われています。

hCGホルモン分泌の動きもこれによく似ているのです。

しかし、精神的なストレスでつわりは長引くこともあります。

逆にストレスが少ないと早く治まることもあります。

出来るだけリラックスできる環境を作り、気持ちにゆとりを持つようにしましょう。

約10コンテンツ、ボリュームたっぷりのフルカラー約200ページ!
妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届けします


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次