MENU

【産科勤務の看護師が紹介】今すぐできる日常に取り入れやすい!妊娠中の冷え対策5選

妊娠してから

妊婦さんはしっかり身体あっためてね!

と言われることも多いのではないでしょうか?

でも、女性はもともと冷え性の方も多いですよね。

妊娠したことによって冷えがさらに悪化した方もいるのではないでしょうか。

この記事を読めば、

  • どんな人が冷え性になりやすいのか
  • 身体の冷えが妊娠・出産にあたえる影響
  • 日常に取り入れやすい今すぐできる冷え対策

が分かり、冷えに無縁な体になることができます!

目次

冷え性ってどんな人がなるの?

では、どのような方が冷え性になりやすいのでしょうか。

チェックリストで自分は当てはまるのか確認してみてください✔

冷え性チェックリスト

  • 冷たい飲み物をよく飲む
  • 夏野菜を好んでよく食べる
  • カフェインをよく摂取する
  • ストレスをため込みやすい
  • 手足やお腹が冷たい
  • 基礎体温が35℃台である
  • 下痢または便秘である
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 疲れやすい
  • 朝、すっきり起きられない
  • 手足が冷たくてなかなか寝付けない

4つ以上当てはまる方は冷え症である可能性が高いです。

冷え性の方はもちろん、そうでない方も妊娠中は温活がとても大切です。

本記事を読んで、今すぐ簡単にできることから温活をはじめてみましょう!

妊娠中の冷えの影響

冷えはどうして妊娠中の大敵なのか。

冷えが妊娠や出産、産後にあたえる影響を説明していきます。

妊娠中の影響

  • むくみやすくなる
  • こむら返りが起こりやすくなる
  • 腰痛になりやすい
  • 便秘になりやすい
  • 切迫流産・早産になりやすい
  • 逆子になりやすい
  • 立ちくらみがしやすくなる
  • 寝つきが悪くなりやすい

身体が冷えているということは、血流がよくないということです。

下半身が冷えていると、

足がむくみやすくなり、こむら返りが起こりやすくなります。

お腹周りが冷えていると、

腰痛・便秘になりやすく、子宮が収縮しやすくなるので、切迫流産・早産になりやすいです。

また、赤ちゃんもあたたかいところを求めるため、

お顔を心臓側に向けるようになり、逆子になりやすくなります。

自律神経の乱れが身体が冷える原因となることもあります。

自律神経が乱れていると、

立ちくらみが起こりやすくなり、寝つきが悪くなることもあります。

出産時の影響

  • 陣痛の痛みを感じやすくなる
  • 分娩が進みにくく難産になりやすい
  • 産後出血が多くなりやすい

冷えにより血流が悪いと、からだの筋肉も硬くなっています。

陣痛がきて痛みを逃すとき、息を吐いて筋肉を弛緩させます。

なので、筋肉が固まっていると、

陣痛の痛みを感じやすくなります。

赤ちゃんの出口となる子宮口は、リラックスしているほうが開きやすくなります。

また、陣痛は疲労度が増してくると弱くなることもあります。

陣痛の痛みを感じやすくなると、

子宮口が開きにくく、疲労感も増して陣痛が弱くなり難産になりやすいです。

出産に時間がかかり、疲労感が増すと、

産後子宮の収縮が悪くなり、出血が多くなりやすくなります。

産後の影響

  • むくみやすい
  • 母乳が出にくい
  • 便秘になりやすい
  • 首こりや肩こり、腰痛が悪化しやすい

産後は、会陰切開の傷がこわくてなかなかいきめず便秘になりやすいです。

そこに、冷えが加わるとさらに便秘になりやすくなります。

また、一日に8回行う授乳で同じ姿勢をすることで、首こりや肩こり、腰痛、足のむくみが起こりやすいです。

冷えにより血流が悪いと、

さらに首こりや肩こり、腰痛が悪化し、足もむくみやすくなります。

母乳は血液からできます。

なので、母乳分泌のためには血液の循環が要と言っても過言ではありません。

しかし、冷えにより血液の巡りが悪いと、

母乳が出にくくなります。

今すぐできる日常に取り入れやすい!冷え対策5選

それでは、今からでもすぐにできる冷え対策をご紹介していきます。

“三首”をあたためる服装をえらぼう

首・手首・足首をあたためましょう!

この三首は皮膚が薄く太い血管が通っているところなので、全身をあたためてあげるのにとても効率がよいです。

首をあたためるには

タートルネックやネックウォーマー、マフラー、ストールがよいです♪

手首をあたためるには

アームウォーマーや手袋をつけましょう!

 最近は流行りもあってかわいいアームウォーマ―もたくさん出ています

エムアンドエム アームウォーマー おしゃれ かわいい 冬 シルク 日本製 指なし やわらかウールのアンゴラアームウォーマー エムアンドエムソックス アームカバー

安心の日本製でデザインもおしゃれ

足首をあたためるには

靴下やレッグウォーマー、タイツ、レギンスを履きましょう♪

 夏場でもクーラーに当たり、身体は冷えやすいので足元だけでも温めておきましょう。

【靴下サプリ】 まるでこたつレッグウォーマー | レディース 岡本 足首 オカモト 足 まるでこたつ レッグウォーマー ウォーマー あったか靴下 冷え グッズ 冬 暖かい あったかグッズ 冷房対策 防寒 ひえとり 冷えとり ギフト こたつ まるで こたつレッグウォーマー あったか

オカモトさんの「まるでコタツ」シリーズです。

私も愛用してます!つけるだけで本当に足元から全身がポカポカしてきます!

もこもこ靴下でかゆくなりやすい体質ですが、このレッグウォーマーは寝るときも朝までしっかり履いてられます

 

ツボをあたためよう

✔三陰交

踝(くるぶし)の内側に膝に向かって4本指を当てます。

踝(くるぶし)とは、かかとの上にある左右にポコッとでている骨のことです。

4本目の指に当たっている骨のあるところを押すと「いてっ」となるところがあります。

そこが三陰交のツボです。

三陰交を冷やさないように靴下やレッグウォーマーを着用しましょう!

【靴下サプリ】 まるでこたつレッグウォーマー | レディース 岡本 足首 オカモト 足 まるでこたつ レッグウォーマー ウォーマー あったか靴下 冷え グッズ 冬 暖かい あったかグッズ 冷房対策 防寒 ひえとり 冷えとり ギフト こたつ まるで こたつレッグウォーマー あったか

湯船につかろう

冬はみなさん、寒いからあったまろうとして湯船につかりますよね

シャワーのみの時と湯船につかる時とでは、入浴後の温まりかたが違うのはもうご存じかと思います。

湯船につかると、全身の血液があたたまり、血流もよくなるので体全体があたたまります。

また、入浴の時に温浴効果のある入浴剤をつかうと、リラックスしてよりあたたまります♪

夏はあつくて湯船につかれない!

夏場でどうしても暑いときでも、クーラーや薄着で身体は冷えます。

せめて、ふくらはぎがつかるくらいの足湯をするだけでも冷え対策になりますよ

毎日のバスタイムでリラックスしながら身体にお疲れ様

こころも安らぐ上質なバスタイム。ティールズエプソムソルト

今話題のエプソムソルト。温浴効果もあり、アロマの香りで一日の終わりにリラックスタイムを作ってあげましょう♪

※妊娠初期の方は子宮刺激作用のあるラベンダーの香りは避けましょう。

身体をあたためるものを食事でとろう

冒頭であった冷え性チェックリストで「夏野菜を好んでよく食べる」という項目がありました。

夏野菜は夏に食べるものなので、身体を冷やす作用があるんです。

逆に冬野菜は身体をあたためてくれる作用があります!

冬野菜は主に根菜です。

たとえば、

  • かぶ
  • 白菜
  • たまねぎ
  • かぼちゃ
  • にんにく
  • 長ネギ

などがあります。

魚や肉などのたんぱく質、納豆やキムチ、チーズなどの発酵食品もからだをあたためてくれるのでオススメ♪

身体を冷やすたべものとして

  • 炭水化物(白米、パン、うどんなど)
  • 夏野菜(レタス、キャベツ、なす、きゅうり、トマトなど)
  • 水分の多い果物(梨、スイカなど)
  • 乳製品(バター、ヨーグルト、アイスクリームなど)

があります。

冷え性の自覚がある方はできるだけ身体をあたためてくれる食べ物を選んでみましょう

リラックスできる環境をつくろう

冷えはストレスが原因で起こることもあります。

ストレスが増すと、

全身の筋肉が収縮し血管も収縮し細くなります。

全身をめぐる血流が少なくなり、冷えが起こります。

できるだけリラックスし、筋肉を弛緩させてあげることが冷えの対策になります。

私は、リラックスしたいとき、アロマを焚いて好きな音楽を聴きながらふわふわの毛布に包まれます。(笑)

ご自分を甘やかしリラックスできる環境を1日15分でもいいので作ってあげるようにしてみてください

妊娠中でも授乳中でも安心なノンカフェイン!ルイボスティーで一息つきましょう♪

ベルタルイボスティー

かるい運動をしよう

運動をすると、筋肉を使ったり、心拍が上がることで全身の血流の流れがよくなります。

とくに、第二の心臓ともよばれるふくらはぎを動かすことはすごく効率がいいです。

しかし、妊婦さんはあまり強度のつよい運動オススメできません。

また、腰をひねったり、お腹を圧迫したり、バランスを崩しやすい動きのあるものは避けましょう。

お腹が張って切迫早産になることや、腰に負担がかかり腰痛が悪化することもあります。

なので、軽めのあまり負担のかからない運動をしましょう。

例えば、

  • 30分程度のウォーキング
  • マタニティスイミング(水中ウォーキング)
  • マタニティヨーガ
  • マタニティエアロビクス

などがあります♪

自宅でオンラインでできるので、通う必要もなく自分のペースで続けることができます♪

朝5時〜深夜25時までライブレッスン開講!

100円で30日間受け放題でおためし体験もできます

いつでも、どこでも、よりソエル。オンラインヨガ ソエル

まとめ

ここまで冷え対策についてお話してきました。

  • ソックス・レッグウォーマーを身につける
  • 散歩やストレッチをする
  • あたたかい飲み物をのむ
  • お風呂は湯船につかる

などは、今すぐにも実践できる内容です。

ぜひ参考にして日常生活に取り入れてみてくださいね♪

約10コンテンツ、ボリュームたっぷりのフルカラー約200ページ!
妊婦さん向けの情報誌『ゼクシィBaby 妊婦のための本』を隔月で発刊し、会員の妊婦さんのご自宅まで無料でお届けします

先輩ママのような温かさでサポート!『ゼクシィBaby』


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次